自己処理の肌トラブル対策!ムダ毛の処理はどんな頻度で行う?

自己処理の頻度は抑えた方がいい

ムダ毛の自己処理を行う頻度ってどのくらいでしょうか?1週間に1回行う人もいれば、2週間に1回という人もいて、人それぞれですよね。ムダ毛が目立たないようにするためにはなるべく短いスパンで行うのがいいと思う方もいるでしょう。確かにその通りなのですが、自分でムダ毛処理を行うときに肌にダメージを与えてしまいます。カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使用することになり、そのどれもが肌に負担をかけます。自己処理を短いスパンで行うと肌がダメージを受ける回数も増えるため、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。肌のことを考えると、自己処理の頻度は抑えた方がいいでしょう。

隠せる部分は隠しておこう

ムダ毛の自己処理を行う部位は、ほとんどの場合がムダ毛が気になる部位ですよね。着衣に隠れて見えない部分は、わざわざマメに剃る必要はありません。逆にいえばムダ毛が気になる部分を衣服などで隠すという方法もあります。ショートパンツをロング丈にしたり、アップヘアを下してうなじを隠したりするだけでも違いますよね。ただし脇の下やデリケートゾーンの毛は、ある程度は処理した方がいいでしょう。長い間放置しているとムレてかゆみの原因になったり不衛生な状態で臭くなったりしてしまうからです。

肌に優しい自己処理の方法

着衣で布面積を増やすだけでムダ毛を隠せますが、夏場は暑くて抵抗がありますよね。どうしても処理しなくてはならない部分は、自己処理のときに肌への負担が少なくなるようにしましょう。自己処理に使う道具として、電気シェーバーを選ぶと良いです。刃が直接肌に当たらない構造になっているため、肌を削ったり色素沈着になったりするのを防げます。剃る前に、肌にシェーバー専用のジェルや泡を塗っておきましょう。シェーバーの滑りが良くなるため、肌への摩擦が減ります。剃り終わったらいったんジェルなどを洗い流してから、使い慣れている化粧水やクリームなどで保湿をしましょう。これで肌への負担が少なくムダ毛処理を行えますよ。

永久脱毛を東京でする場合、自宅や勤務先など通いやすい立地にある病院に行くことを強くおすすめいたします。